太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

暑い愛知の地で太陽光発電

愛知で始めよう

愛知の暑さにはまいります。
特に名古屋は大きなビルが多いせいなのか、
それともアスファルトの道路が多いからか夏の暑さは堪えます。
もっとも暑い時は地下街で涼んだりしますが、
あの降り注ぐ太陽光を有効利用したいものです。
太陽光を有効利用するといえば太陽光発電でしょう。
太陽光発電の仕組みは簡単で、
太陽光パネルとパワーコンディショナー、
接続するための接続箱、モニターと電力量計、屋内分電盤あればできます。
太陽光パネルは太陽電池(セル)からできています。
太陽電池(セル)が何十枚も集まって太陽電池モジュールになり、
それを直列や並列で配置したものが太陽電池パネルになります。
思ったより簡単な仕組みですが、
これで太陽光発電ができてしまうのですからすごいです。
愛知で太陽光発電を始めたなら、
面倒な手続きや作業をしなくてもいいんです。
電気会社がメーターを検針して、
売電した分の料金を口座に振り込んでくれます。
夜間は電気を買わなければなりませんが、
夜間にお得な電気メニュー設定すればお得に利用することができます。