太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

豊田市で太陽光発電を設置するなら

愛知で始めよう

太陽光発電は自然エネルギーである太陽の光を電力に変換するという
温室効果ガスを出さないクリーンな発電法であることから、
世界中でその利用が推進され、
また同時に次世代の太陽光電池の研究開発もどんどん進んでいます。
現在、電力のほとんどを火力発電や原子力発電に頼っているのが現状ですが、
火力発電に用いられる原料の石油は燃やすことでCO2を排出してしまうだけでなく、
そもそも化石燃料がそろそろ枯渇してしまうという、
世界的な問題にも直面しています。
また、原子力発電に関しては、原料の放射性物質の処理の問題や、
東日本大震災での福島原発の事故もあり、
世界中で脱原発の動きが広まっています。
一方で、太陽光はあと50億年は途絶えることがありませんので、
ほぼ永久的に利用できるエネルギー源として期待されています。
現在、日本でも各地で大規模太陽光発電の建設が進んでいます。
中部地方では愛知県の知多郡にメガソーラーたけとよという太陽光発電施設が
武豊火力発電所内にあります。
大きさはなんとナゴヤドーム3個分です。
また日本では家庭用の太陽光発電の普及が推進されておりまして、
現在家庭用の太陽発電システムの新規設置に対しては
行政から補助金を支給しております。
というのも、太陽光発電は屋根に取り付けるだけで発電が可能ですので、
そもそも広大な土地を必要とせず、
すでに建物が建設されている土地に対しても太陽光パネルは設置可能だからです。
現在愛知県の豊田市で、太陽光発電を設置する場合には、
国と県と市から補助金を受けることができます。
現在、愛知県は住宅用の太陽光発電の設置件数が全国で1位です。
太陽光発電の設置には補助金が支給されるとはいえ、
やはり初期費用がある程度かかってしまいます。
電力買い取り制度を利用して、費用の回収は約10年後程度と言われています。
太陽光発電の設置は施工業者や設置メーカーの違いで
何十万円も変わってしまいますので、複数社間での見積もりと、
安定した発電がおこなえるようきちんとした施工をするようにしましょう。