太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

豊田市の太陽光発電導入支援

愛知で始めよう

最近、温室効果ガスの排出による地球温暖化が問題となっています。
家庭における温室効果ガスの排出量も以前に比べて増える一方です。
そこで、豊田市では住民や、在勤、在学者による温室効果ガスの排出量の削減提案として、豊田市エコファミリー制度を導入しています。
この制度では、一人当たり年間で365キロの二酸化炭素の排出量の削減を目指しています。
そして、エコファミリー宣言をした人が太陽光発電システムなどの設置をする場合に、補助金を支払っています。
太陽光発電システムは、無限にある太陽光エネルギーを利用して電力を発生させる、環境に優しいエコロジー発電方法といえます。
しかし、住宅用の太陽光発電システムの設置に対しては、150万円ほどの多額の費用がかかってしまいます。
そこで、豊田市では設置に対して補助金を支出することで、加速的に太陽光発電システムの普及を進める対策がとられています。
支給対象は、市内の住宅に太陽光発電システムを設置する人で、豊田市のエコファミリー宣言をしていてなおかつ市民税を滞納していないことが要件となっています。
さらに、太陽光発電システムの設置工事の着手前15日以前に申請をしなければなりません。
この補助金の上限は12万円となっており、国から支払われる補助金との併用が可能です。
したがって、両方の制度を利用した場合、設置費用をかなり抑えることができます。
ただ、この制度の利用にあたっては、太陽光発電システムの設置前と工事の完了後に2回の申請をする必要があります。
工事完了後は忘れずに申請をしなければなりません。
太陽光発電では、二酸化炭素が発生しないので、豊田市での太陽光発電システムの導入が進んだ場合には、かなりの二酸化炭素の排出量が削減される予定です。
豊田市のように、自治体が補助金制度を設けて太陽光発電システムの導入を進めているところは、近年増えつつあります。
太陽光発電システムを日本中の多くの家庭に導入することで、地球環境の良化が望まれます。