太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

太陽光発電に関する価格あれこれ

太陽光発電システムを導入する際には、一体どのぐらいの費用がかかるのでしょうか。
太陽光発電の際には、kWで価格が表示されることが多くて、例えば、3kWのシステムだと太陽光パネルは何枚必要で、工事費用込みでいくらかかるという表示がされます。
太陽光発電システムの場合ですと、太陽光パネルと工事費用込みで価格が表示されるケースが多いです。
あとは、工事の際に足場の設置が必要となる場合は別途必要となるかもしれません。
太陽光発電システムの導入時には国からの補助金が受けられますが、1kWあたりの価格が55万円以下のシステムには、国から1kWあたり3万円、1kWあたりの価格が47万5千円以下のものには、3万5千円が補助されます。
この価格を参考にして選んでいくと良いでしょう。
3kWタイプの太陽光発電システムならば、導入時に百数十万円弱というのが、現在の相場になります。
4kWタイプや5kWなど、よりkWの大きなシステムを選ぶと割安になっているので、大きな屋根があるご家庭は大きめのサイズの太陽光パネルを選ぶのがおすすめです。
政府の電気の買取制度は1kWHあたり42円で買い取ってもらえます。
この価格は今後変更される可能性もあるようですが、早いうちに導入すれば42円という高価格で売電が可能です。
太陽光パネルでたくさん発電した場合に余った電気を電力会社に売ることができます。
その価格は手元に入るので、電気料金の軽減と合わせてお得になりますね。
月々の電気料金はいくらぐらい軽減となるでしょうか。
こちらは各住宅が存在する地域の天候や屋根の形状、日当たりなどいろいろな要素が関係するため一概には言えないところですが、平均的な家庭で、3kWタイプの太陽光発電システムだと、年間10万円ほどの電気料金削減を目標とできます。
さらに、売電もありますので、それも加算となり光熱費の大幅な軽減が可能です。
メーカーや販売店の保証期間内の早いうちに太陽光発電システムの初期費用を回収できる計算となります。

a-67-8
コメントa-67-8