太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

蓄電池と組み合わせる

太陽光発電システムで発電した電気を使用して、余った電気を蓄電池に保存しておき、夜間など太陽光発電システムが発電できない時にはその蓄電池から電気を使用する。
一昔前なら夢の様なスタイルですが、各社からいろいろな商品が発表されて注目を集めています。
例えば、夜間の電気料金が安い時に蓄電池に蓄えておき、日中の電気料金が高い場合にそれを利用するものであったり、新築時にあらかじめ蓄電池システムが組み込まれている住宅も販売されはじめました。
蓄電池の魅力は非常時にも電気が使えるということが一番ではないでしょうか。
電線のトラブルや天候が悪化して停電になってしまうような場合でも、蓄電池があると一定の時間、その蓄電池からの電気を利用してしのぐことができます。
蓄電池の使用方法は難しそうなイメージがありますが、意外と簡単です。
工事や配線は業者さんに任せれば良いので、工事の中でも比較的楽に終了するとされています。
電気というのは電力会社で作られ、利用されますが、若干の無駄が出ることが課題です。
蓄電池はその無駄になる電気を蓄えておくことができるため、省エネの観点から国も注目しています。
蓄電池で問題となるのが価格と容量です。
こちらも日進月歩で性能の急上昇価格の低下が続いています。
各企業や公共機関でも蓄電池の導入をすすめているため、これからの主力のシステムになるでしょう。
太陽光発電システムと蓄電池を組み合わせることによって、発電した電気を緊急用に蓄えておいたり、夜間用に蓄えておいたりすれば、電力会社から購入する電力はさらに減少します。
これまでは電気は電力会社から購入するだけで良いという固定観念がありましたが、これからは太陽光発電システムで自宅でも生み出すことも可能な時代です。
そして、その電気をいかに無駄なく賢く使っていくかということが重要となりますが、その際に蓄電池の存在が極めて大事なポイントとなっていきます。

b-81-8
コメントb-81-8