太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

太陽光発電を比較する

太陽光発電システムの導入を検討する際には、たくさんの太陽光パネルやメーカーがあるので、比較することがおすすめです。
日本では、東芝、シャープ、京セラ、パナソニックなどのメーカーが有名です。
海外メーカーで日本で事業を行なっているのは、カナディアン・ソーラー、サンテックパワーなどがあります。
太陽光発電システムやパネルを比較する際はどのような項目に注目したらよいでしょうか。
最初は、メーカー名や価格から比較するのが自然ですね。
太陽光パネルの価格は1kWで表示されています。
家の屋根にどのぐらいの枚数のパネルを敷くことができるかなどもシミュレーションしてみましょう。
その次に変換効率や最大発電量という項目です。
変換効率というのは、そのパネルが面積あたりでどのぐらい発電できるかという数値で、この数字が大きいほど効率よく発電することができます。
また、最大発電量という項目もあり、こちらの項目も数値が大きいほど良いと考えてよいでしょう。
これらは太陽光パネルの素材によって性能の差になって生まれます。
単結晶や多結晶などというワードもありますが、こちらよりも変換効率や最大発電量の項目を見たほうがわかりやすいでしょう。
メーカー保証がどれぐらいの期間受けられるか、というのも非常に重要です。
太陽光パネル自体の保証は何年受けられるのか、また、周辺機器が故障した場合は保証があるのか、などもチェックしましょう。
時間があったら周辺機器の価格も聞いておくと良いかもしれません。
周辺機器のおおよその価格がわかれば、保証が切れて修理になっても、このぐらいの金額で直るというイメージがしやすくなるので安心です。
メーカーによっては点検のサービスを受けられる場合もあります。
費用が発生するケースが多いですが、何年かごとに点検を受ければ、システム全体を正常に保つことができるのでこういうサービスを行なっているかどうかも確認してみましょう。