太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

愛知の友人に太陽光発電のすごさを教えました。

良いところ

愛知の友人は、太陽光発電を導入するかを悩んでいましたが、まだまだ懐疑的でした。
その理由としては太陽の光だけで本当に電気が創造できるのかということです。
そこで私はまず太陽光のすごさを教えたのです。

皆さんもご存知でしょうか、先日ロシアに巨大隕石が落ちましたよね?
直径が17メートルだったのでそこまで被害がないはずですが、それでもけが人が1000人以上超えました。
これが直径1キロなら全面核戦争クラスの威力で、10キロならば確実に人類が絶滅するようです。
仮に生き残ったとしても、埃が上空を覆ってしまって、草木が一気に枯れて、我々は生きていくことは物理的に不可能になります。
こうした数キロの巨大隕石は何万キロのスピードで着ますので、我々の技術では跳ね返すことは不可能です。
しかし、ひとつだけ方法があります。
それが太陽の光です。
つまりこの光を一点に集中させると、人類が出せるエネルギーの何十倍もの力が発揮させられるといわれています。
地球が出せるエネルギーの何十年分を太陽は1秒で発生させられるのですから、少しの光で電気を創造できるのは当然といえるのです。
さて、こうした一点のエネルギーを当てると、巨大隕石の向きを一気に変えることが可能というのですから、太陽の力はすごいものですよね?
さて、そのような話と太陽光発電を結び付けたところ、友人は納得して購入を決めたようです。
愛知といえば豪華さが好きですから、こういうスケールの大きな話はすきなのかもしれませんね。
皆さんもこれらを導入の説得には事例を出すのはいかがでしょうか?

a-24-8
コメントa-24-8