太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

太陽光発電の売電と節電意識

気になる情報

太陽光発電にしてよかったことは、いくつかあります。
まずは、家族に節電意識が芽生えたということです。
これまでは、むだに電気を使っていたりしていました。
東日本大震災の直後、節電意識が芽生えてきて、太陽光発電に関する興味もわいてきました。
これまでは、ソーラー発電など眼中になかった家族ですが、ソーラー発電の資料をもらってきたりしてきました。
そして、実際にソーラー発電を導入してからというものの、家族の節電意識が飛躍的にパワーアップしました。
大人ももちろんですが、何より子供の節電意識が高まってきているのが、大きなポイントです。
ソーラー発電をしていると、モニターが設置されます。
そのモニターがまるでゲーム画面のように感じるのでしょうね。
ゲーム感覚で節電ができるというのが、ソーラー発電の大きなメリットです。
それ以外によかったことといえば、売電ができるということです。
すんでいるところは、大して都会ではありませんが、日当たりがよいことが自慢でした。
ソーラー発電を導入する前には、そのメリットも大して感じることもありませんでした。
しかし、ソーラー発電を導入してからというものの、そのメリットを大いに感じることができております。
何といっても、昼間の発電量がとても大きいのです。
我が家の場合には、蓄電池も導入していますので、発電で余った電気を充電して、それを夜に使ったりできるのです。
もちろん売電もできますので、そのお金は結構なものです。

a-29-8
コメントa-29-8