太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

補助金とは

気になる情報

日本全国の自治体で太陽光発電を設置した際に補助金を支給しています。
ただし、だんだんと支給する自治体の数は減ってきているんです。
なぜかというと、すでに補助金の申請を締め切っている自治体が多いからです。
まだ、補助金の申請を受け付けている自治体はたくさんありますので、自分が住んでいる場所では、まだ、補助金がもらえるのかどうかを確かめておく必要があるでしょう。
中には、特に、申請期限を設けていないという自治体もあります。
愛知の場合は、申請期限がないようです。
ただし、ほかの自治体とはちょっと違っているので注意したほうがいいでしょう。
いったい、どういうことなのかというと、通常は、1kwあたりいくらという風になっています。
しかし、愛知の場合は、市区町村でもらえる補助金の額によって補助金の支給額が決まるんです。
市区町村の補助金の4分の1か1kwあたり4000円のうち、低い金額が市区町村へ交付されます。
つまり、市区町村で支給している補助金の中に、すでに、愛知県の補助金が含まれてしまっているというわけです。
こういう形の支給は、とても珍しいものですから、自分ではどうやって計算していいのかがわからないでしょう。
メーカーに見積もりを依頼すれば、補助金の計算までしてもらえますから、そこで説明してもらうといいでしょう。
ちょっとわかりにくい補助金制度ですので、メーカーに金額を教えてもらったり、自分でよく調べたほうがいいんじゃないでしょうか。