太陽光発電のサイクルを学ぶ

太陽光発電のシステムを学びませんか

太陽光発電で乗り切りたい豊田市での為替変動

気になる情報

国内に10社ある電力会社の中で、中部電力は最安値の電気料金を誇ります。
その理由は、東日本大震災以前より、原子力発電の依存率が低かったことにあります。
ご存知のように静岡県の浜岡原発のみだったこと、つまりはもともとが石油依存、火力依存の電力会社だったからで、浜岡原発1基が停止したための維持管理費と発電所の人件費、それにその浜岡分だけの保安院などの上部団体へ上納金のみが、中部電力管内の住民の負担増になるだけで、国内最悪の関西電力と比較すると、もしも現在関西電力が行っている値上げ申請が実行されれば、20%もの電気料金に開きが生じることになります。
しかし、中部電力といえども、折からの原油高や円安の影響を受け、燃料費調整単価はじわじわと上がってきていることも事実です。
健康的な為替水準を考えれば、最低でも1ドル100円ですから、それを思えば為替だけであと10%は価格が上がることを覚悟しなければなりません。
そして、それに間違いなく追い打ちをかけるのが、消費税値上げです。
最終的には5%の値上げですから、為替を合わせて15%も電気料金が値上がりすることは、今から覚悟しておかなくてはなりません。
まぁ、為替の円安は、その分、例えば中部電力管内の自動車王国の豊田市などにおいては、たいへんにウエルカムなことですが、消費税値上げ分だけは、いかんともしがたいところです。
それに豊田市は、フェーン現象の発生件数の多い地でもあり、年々上昇する、真夏の気温に対応するための冷房費の負担増も考えなくてはなりません。
そこで、注目されているのが、電力会社からの供給電力に頼らない、自宅の屋根に設置する太陽光発電です。
特に愛知県豊田市はここ30年間の年間の平均日照時間では、2048時間もあり、全国平均よりも120時間以上も長いという統計もあります。
さらに濃尾平野に位置する豊田市は、山などの日当たりへの障害物もなく、太陽光発電には最適な地といえます。